禁煙出来るチャンピックスの副作用を追跡

チャンピックスで気軽に禁煙できますが、服用中の副作用などをきちんと知る必要があります。副作用を出さないためにもチャンピックスを正しく服用しましょう。こちらではチャンピックスについて詳しくお伝えてしていこうと思います。

チャンピックスの主な副作用

テレビコマーシャルでも知られている通り、最近は禁煙外来を設けている病院が増えてきました。
タバコによるニコチン依存症をお医者さんと一緒に治す、すなわち禁煙するという事です。
その時に用いられる薬で一番よく用いられている物がチャンピックスです。
この薬を使うことでタバコを美味しくないと感じさせ徐々にタバコから遠ざけていこうという薬です。
しかし、薬である以上副作用があります。
チャンピックスは脳内の伝達物質に働きかけるため、次のような副作用があります。
一番多いのが吐き気や頭痛です。それほど重度な物ではないですが、個人差がありますので苦痛になるのであれば服用を続けることは難しいかもしれません。
眠気やめまいを起こす事もあるため、車の運転や機械の操作の仕事をしている方は使いにくいかもしれません。
また精神的な副作用もあります。不眠、不安感、イライラ、怒りぽい、気分の落ち込みなどです。
ただタバコを我慢していることによるものと見分けがつきにくいため、どちらからの影響か解りにくいです。
非常に頻度は低いですが、意識喪失や異常行動などの報告もあり、皮膚粘膜眼症候群といって皮膚に異常をきたす事も報告があります。
薬の代謝を行う腎機能肝機能への影響もあるため、腎臓病や肝臓病の方は使えません。

ただしどの副作用にも初期症状という物があり、今までと何かが違うなと思ったら
すぐに主治医や薬剤師に相談することで重症化する事を防ぐ事が出来ます。

これまでの禁煙補助剤に比べて、かなりの確率で禁煙に成功すると言われているチャンピックス。
禁煙の専門医に相談し、適切に指導をしてもらいきちんとした服用をすることで副作用を最小限にとどめるようにしていきましょう。
↓禁煙補助薬のおすすめ通販サイト
タバコがまずくなるチャンピックス